日本の競争優位とは何か : 情報生活革命で再来する黄金の10年

石黒憲彦 著

気鋭の現役通産官僚が、IT革命の本質、日本のとるべき競争優位戦略、偶発と創発を生む知識創造社会の形成、デジタル・ニューディール政策について、現状をわかりやすく分析し、これからの方向性を指し示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 IT革命で日本は本当に再生できるか
  • 第1章 競争優位を決定づける国家的条件とは
  • 第2章 IT革命で変わる市場構造と企業戦略
  • 第3章 これが日本の競争優位戦略だ
  • 第4章 日本モデルを再考する-大企業の活性化
  • 第5章 日本にはベンチャーが足りない-輩出環境の創造
  • 終章 知識創造活動を高める新しい産業文化を創る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の競争優位とは何か : 情報生活革命で再来する黄金の10年
著作者等 石黒 憲彦
書名ヨミ ニホン ノ キョウソウ ユウイ トワ ナニカ : ジョウホウ セイカツ カクメイ デ サイライスル オウゴン ノ 10ネン
出版元 PHP研究所
刊行年月 2000.10
ページ数 261p
大きさ 20cm
ISBN 4569613241
NCID BA48844832
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20117153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想