人づくり風土記 : 江戸時代  50 (近世日本の地域づくり200のテーマ)

会田雄次, 大石慎三郎, 林英夫 監修

本書は、江戸時代を読み解き今日に生かすうえで有効な200のテーマを設け、各テーマについて短編物語で分かりやすく解説しています。あわせて、文末に「関連項目」として、『江戸時代人づくり風土記』各都道府県版でそのテーマが取りあげられている箇所を示しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 藩と地域の成立ち
  • 開発と環境保全
  • 人・モノ・情報の交流
  • 自治と助け合い、福祉
  • 暮らしと楽しみ
  • 自給列島産業おこし
  • 世界との交わり
  • 衣食住文化の成熟
  • いきわたる教育
  • 学問・文化と情報発信
  • 信仰
  • リーダーたち
  • 近代への出発

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人づくり風土記 : 江戸時代
著作者等 会田 雄次
大石 慎三郎
林 英夫
加藤 秀俊
稲垣 史生
石川 松太郎
書名ヨミ ヒトズクリ フドキ : エド ジダイ
書名別名 近世日本の地域づくり200のテーマ
巻冊次 50 (近世日本の地域づくり200のテーマ)
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2000.10
ページ数 541p
大きさ 27cm
ISBN 454099008X
NCID BA48839118
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20115635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想