ヴェーバー歴史の意味をめぐる闘争

内田芳明 著

今日の世界が陥っている歴史からの意味剥奪はいかにして克服できるのか。近代に内在する危機に挑んだ思想家ヴェーバーの宗教社会学は、その闘争の記念碑であった。長年のヴェーバー研究を踏まえた著者独自の文明論的考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 近代における風景と歴史の発見について-若き内村鑑三とマックス ヴェーバーの講演をめぐって
  • 第1部 進化思想の世紀と歴史観をめぐる闘争(ダーウィン、マルクスと対決するヴェーバーの歴史的社会科学
  • ニーチェ、マルクスと対決するヴェーバーの宗教社会学
  • 現代文化と人間の運命に対決するニーチェとヴェーバー
  • ニーチェの「永遠回帰」の思想と歴史観をめぐる闘争)
  • 第2部 歴史の意味と格闘するマックス ヴェーバー(資本主義の原罪性と歴史の意味への問い
  • 人類史の文化総括としての『世界諸宗教の経済倫理』-なぜヴェーバーは世界宗教と対決したのか
  • 闘争・逆説・運命のドラマの舞台としての歴史)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴェーバー歴史の意味をめぐる闘争
著作者等 内田 芳明
書名ヨミ ヴェーバー レキシ ノ イミ オ メグル トウソウ
書名別名 Veba rekishi no imi o meguru toso
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.10
ページ数 293p
大きさ 20cm
ISBN 4000001817
NCID BA48838341
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20125704
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想