腎炎・ネフローゼ : 診断へのアプローチと治療戦略

槙野博史 編

現在の腎臓領域における最大の問題は、糸球体障害の進展による腎不全患者数の増加である。現在わが国の透析患者の3/4は慢性糸球体腎炎もしくは糖尿病性腎症である。糖尿病性腎症の多くは進行するとネフローゼ症候群を呈するので、腎炎・ネフローゼ対策が急務である。そこで本書では第一線で腎疾患の診療に携わっておられる先生方のために、蛋白尿・血尿などの尿異常を認める患者さんにどのようにアプローチして的確に診断し治療するかに主眼をおいた。また、代謝異常、高血圧、パラプロテイン血症などにより腎障害をきたすが、これらの疾患も増加している。また逆に腎臓は全身性疾患の診断の手掛かりとなることもしばしば経験するので、全身性疾患に伴う腎障害も積極的に取り上げた。日常臨床で遭遇する、腎疾患患者の妊娠、手術などの際のケア、また最近問題となっている薬物による腎障害も含めた。さらに腎臓病学の進歩により、糸球体障害の分子機構が次第に明らかにされてきたが、最新のトピックスにも触れた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 Overview
  • 第2章 患者へのアプローチ-臨床診断の進め方
  • 第3章 診断へのアプローチ
  • 第4章 治療へのアプローチ
  • 第5章 原発性腎炎・ネフローゼの診断と治療
  • 第6章 全身性疾患に伴う腎障害・ネフローゼの診断と治療
  • 第7章 各種病態へのアプローチ
  • 第8章 腎炎・ネフローゼのBasic Science
  • 第9章 腎炎・ネフローゼのカレントトピックス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 腎炎・ネフローゼ : 診断へのアプローチと治療戦略
著作者等 槙野 博史
槇野 博史
書名ヨミ ジンエン ネフローゼ : シンダン エノ アプローチ ト チリョウ センリャク
シリーズ名 プラクティカル内科シリーズ 10
出版元 南江堂
刊行年月 2000.10
ページ数 227p
大きさ 26cm
ISBN 4524222480
NCID BA48822997
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20118679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想