博物館学講座  第1巻 (博物館学概論)

加藤有次 ほか編

博物館学とは、つまるところ「博物館とは何か、いかにあるべきか、その活動のよりよいあり方とは何か」を考察する科学である。博物館氾濫ともいえる現状であるが、社会・大衆とともにあるべき21世紀の博物館像を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 博物館学総論
  • 博物館学史
  • 博物館学各論(博物館の論理学
  • 博物館の実践論)
  • 博物館の分類
  • 館種別博物館学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 博物館学講座
著作者等 加藤 有次
山田 英徳
米田 耕司
西 源二郎
鷹野 光行
書名ヨミ ハクブツカンガク コウザ
書名別名 博物館学概論
巻冊次 第1巻 (博物館学概論)
出版元 雄山閣
刊行年月 2000.10
版表示 新版.
ページ数 257p
大きさ 22cm
ISBN 4639017162
NCID BA48821076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20110113
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想