どきどき化学なるほど実験

杉山剛英 著

教科教育の目的は『人間を育てる』に合流する。理科の目的の一つは、「変化には必ず原因があり、結果は覚えるのではなく予測できるものだ」という実験と理論を土台にした教材で生徒の人格形成に資することにあろう。本書は、その目的実現への方法の一つを理科実験という形でまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • えんぴつ蓄電池
  • モノシランと共有結合の強さ
  • 簡易分光器で炎色反応を解析する
  • 液体窒素型霧箱
  • 過冷却水がストロー氷でみるみる凝固
  • 溶解=水分子との結合
  • 濃硫酸ではマグネシウムを溶かせない
  • 熱と電気抵抗
  • 電子メロディを使った水の電導性
  • 塩化亜鉛の融解と電導性〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 どきどき化学なるほど実験
著作者等 杉山 剛英
書名ヨミ ドキドキ カガク ナルホド ジッケン
シリーズ名 ポピュラー・サイエンス
出版元 裳華房
刊行年月 2000.10
ページ数 159p
大きさ 19cm
ISBN 4785387270
NCID BA48820109
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20120386
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想