釋迢空ノート

富岡多惠子 著

折口信夫の筆名は法名・戒名であった。詩と散文、創作と学問、聖と俗のはざまに秘された恋-折口は、何を葬ることで詩人たり得たのか。巨人の形成にまつわる謎に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 法名
  • 2 歌集
  • 3 恋
  • 4 順礼
  • 5 旅
  • 6 母
  • 7 大阪
  • 8 父と子
  • 9 死者
  • 10 短歌の宿命

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 釋迢空ノート
著作者等 富岡 多恵子
書名ヨミ シャク チョウクウ ノート
書名別名 Shaku choku noto
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.10
ページ数 345p
大きさ 20cm
ISBN 4000233483
NCID BA48812359
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20127284
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想