クリエートする哲学 : 新行為論入門

山口誠一 著

クリエーティブな生を奪われた現代人に贈る知のオデッセイ。行為という視点から、西洋哲学の問いと方法を踏まえながら、新世紀の知を見とおす意欲的な試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 自己をクリエートする21世紀文明へ(現代日本と哲学的文明論の課題
  • 哲学の暫定的定義と本書の展望)
  • 1 行為の構造(『行為の動作は事実である』-行為の構造的把握の前提
  • 『居眠りに意図はない』-意図的行為を析出する経路
  • 『行為の事実はつくられるのか、生じるのか?』-行為の理由と原因
  • 『目的が行為を説明する』-行為の説明 ほか)
  • 2 自己表現としての行為(『何のために絵を描くのか?』-個体性の自己表現としての行為
  • 『「私」が表現する私とは?』-自己表現としての一人称表現
  • 『約束話は行為である』-言語行為論とその源泉・展開)
  • 3 行為の根源(自己決定と不可避の行為とは両立するか?
  • 『善を知っているのに悪を行うとは?』-倫理を否定する"行為の根源"
  • 『行為は始める前に生ずる』-行為の始まりから根源へ
  • 『行為には骨がある』-行為の意図から身体へ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クリエートする哲学 : 新行為論入門
著作者等 山口 誠一
書名ヨミ クリエートスル テツガク : シン コウイロン ニュウモン
書名別名 Kurietosuru tetsugaku
出版元 弘文堂
刊行年月 2000.10
ページ数 172p
大きさ 19cm
ISBN 4335150466
NCID BA48801217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20127448
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想