花押を読む

佐藤進一 著

麒麟は至治の世にしか姿を見せぬ動物である。信長は、実名とは関係のない「麟」の字に平和の代への願望を託し、自らの花押とした。発生から、執権北条氏、戦国大名、近現代の政治家まで、花押を読み解く前人未踏の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 花押小史-類型の変遷を中心に
  • 2 裏返し文字の花押
  • 3 一字の花押
  • 4 二合の花押
  • 5 執権北条氏の花押について
  • 6 十六世紀の武家の花押
  • 7 近現代の花押

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花押を読む
著作者等 佐藤 進一
書名ヨミ カオウ オ ヨム
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2000.10
版表示 増補.
ページ数 266p
大きさ 16cm
ISBN 4582763677
NCID BA48785278
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20117385
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想