ピカソ

飯田善國 著

1900年10月、パリ。1人の男がキュビズムへの道を走り出す。20世紀の芸術運動のあらゆる前衛を突破した方法の実験は、絵画の革命へといかに結集されていったか。形、物質、時空を極める詩人=彫刻家の眼が、意識の運動を引き起こす新しい芸術作用を24の詩の原理として捉える。詩と散文で綴られた異色のピカソ論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 芸術の革命(セザンヌの謎
  • 運命のバトンタッチ
  • 解体、そして解体 ほか)
  • 2 詩的原理の実践(新しい詩法
  • 視覚の歩行
  • 現実への愛の隠喩-文字との遭遇 ほか)
  • 3 創造の自由(詩的所有の欲望と原理
  • 怪奇なイメージ群
  • ゲルニカ・瞬間の死 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ピカソ
著作者等 飯田 善国
書名ヨミ ピカソ
書名別名 Pikaso
シリーズ名 岩波現代文庫 : 文芸
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.10
ページ数 302p
大きさ 15cm
ISBN 400602021X
NCID BA48769103
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20111640
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想