史的唯物論の再構成

ユルゲン・ハーバーマス 著 ; 清水多吉 監訳 ; 朝倉輝一 ほか訳

現代の危機と討議的意思形成の論理。労働と相互行為の両概念を踏まえた視点から、マルクス主義の理論的萌芽とポテンシャルを組み立て直す試み。パーソンズ、ルーマンを批判・検討し、史的唯物論の進化論的・システム論的転回を果たした本書は、「コミュニケーション的行為の理論」形成期の思想的営為を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 哲学的展望(序論-史的唯物論と規範構造の発展
  • マルクス主義における哲学の役割)
  • 2 自己同一性(道徳の発達と自我同一性
  • 複合的な社会は理性的自己同一性を形成しうるか)
  • 3 進化(社会学における諸理論の比較のために-進化論の例に即して
  • 史的唯物論の再構成に向けて
  • 歴史と進化
  • 近代法の進化的位置価についての考察-研究所内ゼミナールによせて)
  • 4 正統化(近代国家における正統化の諸問題
  • 今日における危機とは何であるか-晩期資本主義における正統化の諸問題
  • 正統化概念のためのキーワード-一つの返答
  • 実践的討議に対する二つの補註-パウル・ロレンツェンの六十歳の誕生日に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 史的唯物論の再構成
著作者等 Habermas, Jürgen
朝倉 輝一
清水 多吉
Harbermas J¨urgen
ハーバーマス ユルゲン
書名ヨミ シテキ ユイブツロン ノ サイコウセイ
書名別名 Zur Rekonstruktion des historischen Materialismus

Shiteki yuibutsuron no saikosei
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 678
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2000.10
ページ数 426, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4588006789
NCID BA48768880
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20140483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想