天皇と古代王権

井上光貞 著 ; 吉村武彦 編

実証的手法で戦後古代史学を主導してきた著者が展開した古代王権に関する論考を、新たに編集。ある限定された地域の族長が、どのようにして国家の首長、そして天皇になったのか。東アジアという国際的視野のなかで国家と天皇の起源を論じ、皇太子・女帝など王権のあらわれ方、祭祀の行われ方に、古代社会の世界観を見る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本における古代国家の形成(問題の所在
  • ウェーバーの発展段階論
  • 英雄時代論
  • 宮司制の形成
  • 天皇支配の確立)
  • 2 国家と天皇の起源(邪馬台国の政治構造
  • 隋書倭国伝にみえる天と日の関係)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇と古代王権
著作者等 井上 光貞
吉村 武彦
書名ヨミ テンノウ ト コダイ オウケン
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.10
ページ数 342p
大きさ 15cm
ISBN 4006000294
NCID BA48767094
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20123914
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想