イデオロギーとしての技術と科学

ユルゲン・ハーバマス 著 ; 長谷川宏 訳

ヘーゲル、マルクス、ヴェーバーらの読み直しによって、コミュニケーション行為論を基礎とした批判的社会理論の構築を目指す、初期ハーバマスの記念碑的作品の全面改訳版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 労働と相互行為-ヘーゲルの「イエナ精神哲学」への註
  • 2 "イデオロギー"としての技術と科学
  • 3 技術の進歩と社会的生活世界
  • 4 政治の科学化と世論
  • 5 認識と関心

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イデオロギーとしての技術と科学
著作者等 Habermas, Jürgen
長谷川 宏
Habermas J¨urgen
ハーバマス ユルゲン
書名ヨミ イデオロギー ト シテノ ギジュツ ト カガク
書名別名 Technik und Wissenshaft als Ideologie
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2000.10
ページ数 225p
大きさ 16cm
ISBN 4582763642
NCID BA48737377
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20128779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想