京都哲学撰書  第9巻

上田閑照 監修 ; 大峯顯, 長谷正當, 大橋良介 編

西田哲学と田辺哲学の影響のもとに、現実的世界の存在論の立場から独自の社会存在論を展開する。国家・民族を考える指針を与える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 表現と論理(哲学とその方法の一考察
  • 哲学の基礎問題
  • 特殊的なものの論理)
  • 第2部 世界・個体・社会(表現的世界の論理
  • 社会存在論における世界構造の問題
  • 付録・種の論理に対する批評に答う)
  • 第3部 社会存在論(コギト・エルゴ・スム
  • 行為的主体
  • 歴史的世界
  • 種的社会
  • 種的社会の構造
  • 結論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京都哲学撰書
著作者等 上田 閑照
務台 理作
北野 裕通
大峯 顕
大橋 良介
長谷 正当
書名ヨミ キョウト テツガク センショ
書名別名 社会存在の論理
巻冊次 第9巻
出版元 燈影舎
刊行年月 2000.10
ページ数 332p
大きさ 22cm
ISBN 4924520748
NCID BA4873101X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20138844
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想