フラクトグラフィ : 破面と破壊情報解析

日本材料学会フラクトグラフィ部門委員会 編

フラクトグラフィは、破損事故解析において事故原因の重要な証拠を提供し、破壊の研究においても、ミクロとマクロの間を埋める最重要情報源のひとつである。本書は、日本材料学会フラクトグラフィ部門委員会が30年以上にわたって蓄積してきた貴重なデータに最新の情報を加え、約1000点におよぶ図写真をまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 フラクトグラフィの意義と発展
  • 第2章 フラクトグラフィにおけるルーチンワークと用語(フラクトグラフィにおけるルーチンワーク
  • フラクトグラフィ用語 ほか)
  • 第3章 フラクトグラフィ技術(破面解析機器
  • 破面の保存と除錆法 ほか)
  • 第4章 各種代表的破面(静的破壊
  • 環境破壊 ほか)
  • 第5章 破損事故解析(破損事故解析手法
  • 過大荷重による破壊 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フラクトグラフィ : 破面と破壊情報解析
著作者等 日本材料学会
日本材料学会フラクトグラフィ部門委員会
書名ヨミ フラクトグラフィ : ハメン ト ハカイ ジョウホウ カイセキ
書名別名 Furakutogurafi
出版元 丸善
刊行年月 2000.9
ページ数 330p
大きさ 27cm
ISBN 4621047922
NCID BA48730786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20194889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想