キリシタンと西洋音楽

横田庄一郎 著

大航海時代に日本にもたらされたのは、鉄砲とキリスト教だけではなく、音楽を含むヨーロッパの文物であった。当時の日本人は強い好奇心をもってこれを利用し、楽しんだ。天正19年(1591年)、豊臣秀吉は、ローマから帰ってきた少年使節の奏する西洋の音楽を大いに喜んだ-ザビエルのもたらした宗教、そして音楽。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ザビエルの右手
  • 第2章 西洋音楽の始まり
  • 第3章 日欧音楽比較
  • 第4章 少年たちの歌ごえ
  • 第5章 神学校の音楽教育
  • 第6章 少年の音楽使節
  • 第7章 秀吉のアンコール
  • 第8章 慶長十年のグレゴリオ聖歌
  • 第9章 殉教する西洋音楽
  • 第10章 四百年のオラショ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キリシタンと西洋音楽
著作者等 横田 庄一郎
書名ヨミ キリシタン ト セイヨウ オンガク
出版元 朔北社
刊行年月 2000.9
ページ数 472p
大きさ 20cm
ISBN 4931284604
NCID BA48711850
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20111277
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想