唐詩選  下

李攀竜 撰 ; 前野直彬 注解

李白・杜甫を頂点とする唐詩は日本人になじみ深い存在であるが、これは、ひとえにこの『唐詩選』が江戸初期以後ひろく流行したことに起因している。本冊には巻七(七言絶句)165篇を収め、巻末に簡潔な略歴紹介「詩人小伝」を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 7 七言絶句(蜀中九日(王勃)
  • 渡湘江(湘江を渡る)(杜審言)
  • 贈蘇綰書記(蘇綰書記に贈る)(杜審言)
  • 戯贈趙使君美人(戯れに趙使君の美人に贈る)(杜審言)
  • 送司馬道士遊天台(司馬道士の天台に遊ぶを送る)(宋之問)
  • 送梁六(梁六を送る)(張説)
  • 涼州詞(王翰)
  • 清平調詞(李白)
  • 客中行(李白)
  • 春宮曲(王昌齢) ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 唐詩選 下
  • 目次
  • 巻六
  • 五言絶句 / 19
  • 巻七
  • 七言絶句 / 118
  • 唐詩選詩人小伝 / 339

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 唐詩選
著作者等 前野 直彬
李 攀竜
前野直彬 解
書名ヨミ トウシセン
書名別名 Toshisen
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1963
ページ数 384p
大きさ 15cm
ISBN 4003200934
NCID BA48687494
BN00971741
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63003179
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想