循環器疾患と生活習慣病 : Metabolic cardiologyの診療

山田信博, 大内尉義 編著

糖尿病、高脂血症、高血圧、肥満、そして終着像である虚血性心疾患、脳血管障害は日常診療においてしばしば遭遇し、一人の患者に重複してみられる疾患である。各々の代謝や循環器という専門の枠を超えて、全体の病態を俯瞰した適正な診療が求められており、従来の診療単位を超えて、これらの疾患に対するevidenceや病態に基づく診療であるmetabolic cardiologyの普及が望まれる。本書ではmetabolic cardiologyに関する最近の臨床に役立つ知見が網羅されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 Metabolic Cardiology-冠動脈系の疾患と糖尿病(Evidence‐Based Medicineに基づく診療
  • 日本人の冠危険因子をどう評価するか ほか)
  • 2 糖尿病における診療(虚血性心疾患の特徴と治療ストラテジー
  • 脳血管障害の特徴と治療ストラテジー ほか)
  • 3 食事療法の意義と実際(動脈硬化予防・進展防止に有効な食事
  • 食事療法の実際)
  • 4 運動療法の意義と実際(運動療法の意義
  • 運動療法の実際 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 循環器疾患と生活習慣病 : Metabolic cardiologyの診療
著作者等 大内 尉義
山田 信博
書名ヨミ ジュンカンキ シッカン ト セイカツ シュウカンビョウ : Metabolic cardiology ノ シンリョウ
書名別名 Junkanki shikkan to seikatsu shukanbyo
出版元 中外医学社
刊行年月 2000.9
ページ数 240p
大きさ 26cm
ISBN 449803466X
NCID BA48674696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20188763
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想