所有のエチカ

大庭健, 鷲田清一 編

「所有」の構造を思想史的・政治的・概念分析的に捉え直し、現代社会の中で問題化している「所有」をエチカの問題として浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 問題としての所有(所有と固有-propri'et'eという概念をめぐって
  • 所有という問い-私のものは私の勝手…?)
  • 2 所有が/を侵食する-所有と近代(知を「所有」するとはいかなることか-「研究業績」という奇妙な制度についてのノート
  • 家族と所有
  • 集団と所有-生の所有から生の保障へ
  • 死の決定について
  • 所有の政治学-所有的個人主義批判)
  • 3 存在と所有-所有の思想史(所有というナウい神話-間柄の私有化の思想史
  • 無所有の系譜-日本における所有観の歴史)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 所有のエチカ
著作者等 大川 正彦
大庭 健
斎藤 純一
水谷 雅彦
田中 久文
立岩 真也
藤野 寛
鷲田 清一
書名ヨミ ショユウ ノ エチカ
書名別名 Shoyu no echika
シリーズ名 叢書倫理学のフロンティア 3
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2000.10
ページ数 243p
大きさ 20cm
ISBN 4888485909
NCID BA48670822
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20122419
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想