定年破壊

清家篤 著

定年を境に過去の実績や栄光が消え去るのはおかしくはないか。今や、定年は反社会的制度である。引退の時期を自分で決め、豊かな人生を築くための参考書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 定年はいらない
  • 第2章 日本的雇用制度が中高年危機の原因
  • 第3章 定年はなぜ存在するのか
  • 第4章 制度を変えれば定年は不要になる
  • 第5章 雇用制度はいずれにしても変化する
  • 第6章 本当の能力主義なら定年は不要
  • 第7章 時間を基準としない仕組み
  • 第8章 年齢、性別、出身国を基準にしない
  • 第9章 定年をなくすためには市場活用を
  • 第10章 年金、介護と定年破壊
  • 第11章 引き算から足し算の職業人生へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 定年破壊
著作者等 清家 篤
書名ヨミ テイネン ハカイ
書名別名 Teinen hakai
出版元 講談社
刊行年月 2000.9
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 4062102056
NCID BA48640730
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20105516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想