原子核物理学

永江知文, 永宮正治 共著

本書の最初の5章は、原子核というものの基本的な描像をつかむことを目標としています。次の3章では、このような基本描像がどういう実験手法によって明らかにされてきたのか、実験的な道具立てについて解説します。後半の5章では、まず始めの2章で、原子核が役割を担っている関連分野を紹介します。そして最後の3章では、原子核の新しい描像を目指した最近の話題へと導きます。陽子と中性子から成る少数多体系としての原子核という描像を離れて、ハドロン多体系あるいはクォーク多体系として見た原子核へのアプローチを紹介しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序章
  • 2 原子核の基本概念
  • 3 原子核の模型
  • 4 原子核の崩壊と放射線
  • 5 弱い相互作用とニュートリノ
  • 6 放射線と物質との相互作用
  • 7 粒子検出器
  • 8 粒子加速器
  • 9 原子力と核融合
  • 10 宇宙における元素合成
  • 11 ハドロンと原子核
  • 12 クォークと原子核
  • 13 高温高密度の原子核

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原子核物理学
著作者等 永宮 正治
永江 知文
川村 清
阿部 龍蔵
書名ヨミ ゲンシカク ブツリガク
シリーズ名 裳華房テキストシリーズ : 物理学 / 阿部龍蔵, 川村清 監修
出版元 裳華房
刊行年月 2000.9
ページ数 172p
大きさ 21cm
ISBN 478532094X
NCID BA4863955X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20114067
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想