地方分権と自治体法務 : その知恵と力

小早川光郎 編著

本書は、自治体法務というものの捉え方、自治体法務の人的基盤、自治体行政と裁判所との関わり方、自治体の事務に関する地方自治法の新規定の趣旨、条例および規則をめぐる諸問題、自治体行政に対する国等の関与と紛争処理、行政指導に関する法務、行政不服審査に関する法務、契約法務、損害賠償の法務、等々の諸項目を扱う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自治体法務・総論(自治体法務とは
  • 自治体法務を担う人々
  • 自治体行政と裁判所)
  • 第2章 自治体の権能とその法的枠組み(自治体の事務をどのようにとらえるべきか
  • 新制度のもとで自治体の立法権はどうなるか
  • 条例・規則の立案から制定まで
  • 条例・規則の実効の確保 ほか)
  • 第3章 自治体法務の具体的諸相(これからの行政指導・指導要綱
  • 地方自治体における行政不服審査実務の最近の動向と今後の課題
  • 自治体契約法の現状と課題
  • 自治体の賠償責任-現状と対応)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地方分権と自治体法務 : その知恵と力
著作者等 小早川 光郎
書名ヨミ チホウ ブンケン ト ジチタイ ホウム : ソノ チエ ト チカラ
書名別名 Chiho bunken to jichitai homu
シリーズ名 分権型社会を創る 4
出版元 ぎょうせい
刊行年月 2000.9
ページ数 270p
大きさ 21cm
ISBN 4324060185
NCID BA48635231
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20118799
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想