芭蕉はどんな旅をしたのか : 「奥の細道」の経済・関所・景観

金森敦子 著

芭蕉が行ったときには修復中だった日光、東照宮の実際。奥羽一の都市、仙台が実は財政難に苦しみ困窮している様。意外にも裕福な潟の国、新潟。柏崎から親不知のあたりまでの海岸線の難所の具合。格調高い芭蕉の文章からは見えてこない辺境の地のほんとうの姿、『奥の細道』の書かれなかった現実を、スリリングに読み解いていく芭蕉研究のあらたな決定本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 出発前に
  • 第2章 日光道中
  • 第3章 奥州道中
  • 第4章 羽州路
  • 第5章 北陸道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芭蕉はどんな旅をしたのか : 「奥の細道」の経済・関所・景観
著作者等 金森 敦子
書名ヨミ バショウ ワ ドンナ タビ オ シタノカ : オク ノ ホソミチ ノ ケイザイ セキショ ケイカン
シリーズ名 奥の細道
出版元 晶文社
刊行年月 2000.10
ページ数 453, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4794964579
NCID BA48634319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20120269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想