正倉院宝物と平安時代 : 和風化への道

米田雄介 著

正倉院を代表する宝物を取り上げ、さまざまな角度から宝物の特色がわかるように構成。そして、後世に受け継がれた技の数々を紹介。正倉院宝物がその後の歴史の中でどのように位置づけられるのかをさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 正倉院宝物とは何か
  • 聖武天皇の身辺に置かれていたもの
  • 楽器
  • 遊戯具
  • 調度
  • 屏風
  • 敷物-花氈と色氈
  • 飲食具
  • 文房四宝〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 正倉院宝物と平安時代 : 和風化への道
著作者等 米田 雄介
書名ヨミ ショウソウイン ホウモツ ト ヘイアン ジダイ : ワフウカ エノ ミチ
書名別名 Shosoin homotsu to heian jidai
出版元 淡交社
刊行年月 2000.10
ページ数 191p
大きさ 26cm
ISBN 4473016935
NCID BA48622717
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20114154
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想