コーヒー・ハウス : 18世紀ロンドン、都市の生活史

小林章夫 著

十七世紀半ばから一世紀余にわたり繁栄を見せた欧州カフェ文化の先駆、コーヒー・ハウス。そこは政治議論や経済活動の拠点であると同時に、文学者たちが集い、ジャーナリズムを育んだ場として英国に多大な影響を与えた、社会の情報基地でもあった。近代都市・ロンドンを舞台にした、胡乱で活力にみちた人間模様と、市民の日常生活を活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 一八世紀イギリスの生活史-ロンドン、ペスト、大火(コーヒー事始め
  • コーヒー・ハウス、ロンドン開店
  • 文化の"るつぼ"
  • ペストと大火
  • 十八世紀の都市ロンドン)
  • 第2章 ジャーナリズムの誕生-クラブ、政党、雑誌(コーヒーは政治家たちを賢明にする
  • ニュースの大衆化
  • コーヒー・ハウスの経済学)
  • 第3章 ウィットたちの世界-文学サークル、科学実験、チャップ・ブック(ドライデンと「ウィル」
  • 「ベッドフォード」の文学
  • 大衆文学のすすめ
  • 消えゆくコーヒー・ハウス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コーヒー・ハウス : 18世紀ロンドン、都市の生活史
著作者等 小林 章夫
書名ヨミ コーヒー ハウス : 18セイキ ロンドン トシ ノ セイカツシ
書名別名 Kohi hausu
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2000.10
ページ数 288p
大きさ 15cm
ISBN 4061594516
NCID BA48621995
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20109942
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想