イギリス社会政策の展開

美馬孝人 著

労働貧民の発生から産業革命をへて資本主義社会が成立し、様々な社会政策が形成展開され、それを前提に福祉国家体制が築かれる。一時、世界の模範となったイギリス福祉国家は、やがて国内外の諸事情により、変質を余儀なくされていくが、それらの発展変容を貫く法則性を解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 貧民の発生と労働者条例
  • 第2章 エリザベス貧民法
  • 第3章 フランス革命とスピーナムランド制度
  • 第4章 マルサスと新貧民法
  • 第5章 産業革命と工場法
  • 第6章 議会政治の発展と社会立法
  • 第7章 労働運動の発展
  • 第8章 ブースとローントリーの貧困測定
  • 第9章 自由党の改革
  • 第10章 第1次大戦および戦間期の失業
  • 第11章 第2次大戦とベヴァリッジ報告書
  • 第12章 労働党と福祉国家の建設
  • 第13章 福祉国家の諸問題
  • 第14章 サッチャー政権と福祉「改革」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリス社会政策の展開
著作者等 美馬 孝人
書名ヨミ イギリス シャカイ セイサク ノ テンカイ
シリーズ名 現代経済政策シリーズ 3
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2000.9
ページ数 262p
大きさ 21cm
ISBN 4818813125
NCID BA48604974
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20123846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想