スポーツ映像のエピステーメー : 文化解釈学の視点から

舛本直文 著

スクリーンに映し出される映像の背景に隠されているものは何か?製作者たちの仕掛けや意図は?視聴者から批評者へ…「メディア・リテラシー」時代の到来。本書は、スポーツを主たる内容とする映画を取り上げ、それらを豊かに幅広くかつ深く観ていくための視点について考えている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 幕が開く前に
  • 第1章 喜劇化されるスポーツ
  • 第2章 理想化されるスポーツ-スポーツ映像の中にみるオリンピズム
  • 第3章 夢想化されるスポーツ-ベースボール映画の象徴論
  • 第4章 目的化されるスポーツ-現実社会との接点
  • 第5章 記録化されるスポーツ-オリンピック大会のドキュメンタリー映像
  • 結章 スポーツ映像の文化解釈学-一般的フレームワークの構築

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スポーツ映像のエピステーメー : 文化解釈学の視点から
著作者等 舛本 直文
書名ヨミ スポーツ エイゾウ ノ エピステーメー : ブンカ カイシャクガク ノ シテン カラ
書名別名 Supotsu eizo no episuteme
出版元 新評論
刊行年月 2000.10
ページ数 340p
大きさ 20cm
ISBN 4794804997
NCID BA48603133
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20115436
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想