消えた市町村名辞典

地名情報資料室 編 ; 楠原佑介 責任編集

本書は、今後進展するであろう市町村合併において、新自治体名の選定がどう行われるべきか、その判断資料としていただくために編纂された。端的にいえば、本書に取り上げた1万3541項目の過半は、「こんな名称を選定してはならない」という実例でもある。いわば「悪例集」だが、新名称(候補名)を選定する各自治体の担当者も、またおそらく予め用意された複数の名称に「住民投票」という名目で一票を投じる住民の方々も、単に「語感のよさ」とか「合併相手との協調優先」などの観点で選ぶのではなく、「地域の歴史に照らして根拠があり、後世に残して恥ずかしくないかどうか」を基準に熟慮を重ねて判断してほしいと思う。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消えた市町村名辞典
著作者等 地名情報資料室
楠原 佑介
書名ヨミ キエタ シチョウソンメイ ジテン
書名別名 Kieta shichosonmei jiten
出版元 東京堂
刊行年月 2000.9
ページ数 454, 69p
大きさ 23cm
ISBN 4490105606
NCID BA48571525
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20114141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想