学校を欠席する子どもたち : 長期欠席・不登校から学校教育を考える

保坂亨 著

学校教育の再設計にむけて-不登校の学校臨床。長期欠席の全体像をとらえた調査研究、発達・臨床心理的な分析から複合する要因にわけいり、学校と子どもの関係を作りなおす道をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 学校を欠席する子どもたちと学校不適応
  • 1 長期欠席と不登校のあいだ-基礎データ編
  • 2 長期欠席・不登校と学校要因-学校データ編
  • 3 長期欠席・不登校に対する学校の取り組み-学校事例編
  • 4 長期欠席・不登校増加の背景を考える-総合考察
  • 終章 子どもの心理発達と学校教育

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校を欠席する子どもたち : 長期欠席・不登校から学校教育を考える
著作者等 保坂 亨
書名ヨミ ガッコウ オ ケッセキスル コドモタチ : チョウキ ケッセキ フトウコウ カラ ガッコウ キョウイク オ カンガエル
書名別名 Gakko o kessekisuru kodomotachi
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2000.9
ページ数 256, 22p
大きさ 19cm
ISBN 4130513036
NCID BA48549446
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20114018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想