異文化から見た日本宗教の世界

ポール・L.スワンソン, 林淳 編

近代工場に祀られた神、水子供養の意味、キリスト教徒と祖先崇拝、日本人は果たして現世主義的か、宗教儀礼とジェンダーなど、海外第一線研究者による、日本人の知らない日本宗教の諸相。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本宗教の現在(祭場としての近代工場
  • 水子供養における死との直面
  • キリスト教徒と祖先の関係)
  • 2 歴史の中の日本宗教(現世主義的日本人観を疑う
  • 宗教史研究の進むべき方向
  • 山王信仰における言語のキュービズム)
  • 3 日本宗教における象徴と解釈(救われる蛇と救う蛇
  • 洞窟と胎蔵界
  • バック・トゥ・ザ・フューチャー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異文化から見た日本宗教の世界
著作者等 Swanson, Paul Loren
林 淳
Swanson Paul L.
スワンソン ポール・L.
書名ヨミ イブンカ カラ ミタ ニホン シュウキョウ ノ セカイ
シリーズ名 叢書・現代世界と宗教 2
出版元 法藏館
刊行年月 2000.9
ページ数 302p
大きさ 22cm
ISBN 4831872113
NCID BA48533683
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20140912
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想