家族と生きる意味 : フィリピン・マニラのストリートチルドレン

工藤律子 文 ; 篠田有史 写真

ストリートチルドレンという言葉が、ようやく「聞き覚えのある言葉」になりはじめている。だが、まだストリートチルドレンとはどんな子どもたちなのかよくわからない、みな路上に放りだされた孤児や捨て子だろう、と思っている人が多いことも事実だ。果たして、「路上の子どもたち(ストリートチルドレン)」はみな、親がいないのだろうか?親に捨てられ、家をでてきたのだろうか?ずっと路上で寝起きしているのだろうか?-それぞれの国や地域、子どもの状況を知ることを通して、私たちは、路上の子どもたちが、国によっても、子ども一人ひとりによっても、少しずつ異なる現実を生きていることを、理解しなければならない。そうしてはじめて、路上の子どもたちの素顔がみえてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 マニラ首都圏のストリートチルドレン
  • 2 家族に支えられてこそ-路上暮らしの子ども6人の姿を通して
  • 3 心の支えを取り戻すため、失わないために-NGOの試み
  • 4 よりよい未来への橋渡し役-ストリートエデュケイター
  • 5 フィリピン政府の対応策
  • 6 隣人の役割-日本人が目指すこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族と生きる意味 : フィリピン・マニラのストリートチルドレン
著作者等 工藤 律子
篠田 有史
書名ヨミ カゾク ト イキル イミ : フィリピン マニラ ノ ストリート チルドレン
書名別名 Kazoku to ikiru imi
シリーズ名 JULA booksブックレット 3
出版元 JULA出版局
刊行年月 2000.4
ページ数 72p
大きさ 21cm
ISBN 4882841223
NCID BA48511465
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20155449
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想