思考と運動  下

H.ベルクソン 著 ; 宇波彰 訳

ベルクソンにとって、直観は精神の努力そのものである。そうであるとすれば、われわれが「直観」をキーワードにして、本書を読むときには、われわれの側にも「精神の努力」が求められるであろう。この「精神の努力」によって直観を理解していけば、ベルクソンの哲学の真髄に触れることができるかもしれない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 5 変化の知覚
  • 6 形而上学入門
  • 7 クロード・ベルナールの哲学
  • 8 ウィリアム・ジェームズのプラグマティズムについて
  • 9 ラヴェッソンの生活と仕事

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思考と運動
著作者等 Bergson, Henri
宇波 彰
ベルクソン H.
書名ヨミ シコウ ト ウンドウ
書名別名 La pensée et mouvant

Shiko to undo
シリーズ名 レグルス文庫
巻冊次
出版元 第三文明社
刊行年月 2000.9
ページ数 359p
大きさ 18cm
ISBN 4476012345
NCID BA48509281
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20112681
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想