放送メディアの経済学

菅谷実, 中村清 編著

21世紀を目前として放送をとりまく環境は、CSデジタル放送の実現、地上波放送局のデジタルBS放送参入など大きな変容を遂げつつある。本書は経済市場としての放送市場の特徴を体系的に示すとともに、放送産業のデジタル化・多チャンネル化が産業構造全体にもたらす影響を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 放送メディアと市場の特質
  • 第2章 放送メディアの経済学的課題
  • 第3章 放送メディア市場の供給分析
  • 第4章 放送メディア市場の需要分析
  • 第5章 放送市場の競争と協調
  • 第6章 公共放送の経済的意義
  • 第7章 番組流通市場
  • 第8章 放送番組取引の法制度
  • 第9章 番組流通と放送著作権
  • 第10章 多チャネンネル化と広告放送
  • 第11章 放送メディアの産業組織

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 放送メディアの経済学
著作者等 中村 清
菅谷 実
書名ヨミ ホウソウ メディア ノ ケイザイガク
出版元 中央経済社
刊行年月 2000.9
ページ数 234p
大きさ 22cm
ISBN 4502640638
NCID BA48500119
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20120217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想