遺伝子万能神話をぶっとばせ

ルース・ハッバード, イライジャ・ウォールド 著 ; 佐藤雅彦 訳

本書は、遺伝子は実際にはどのような働きをしているのか、そして最先端の遺伝学の"可能性"と"限界"を、わかりやすく明快に語り明かしている。そして我々にとってもっと現実的で身近な問題の追及にも目を向けている。"遺伝的個人情報"が世にあふれることで、医者・保険会社・学校・警察司法当局・雇用主などが、我々をますます予断と偏見にみちた態度で扱うことになる、恐るべき近未来を警告している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私たちにとって遺伝子とは何か?
  • 遺伝的レッテル貼りと旧式の優生学
  • 新型の優生学-遺伝子検査、"病的遺伝子"保有者のふるい分け検知(スクリーニング)、胎児殺しの選択
  • 遺伝学のかんたんなおさらい
  • 「遺伝子」概念は社会に誤解と偏見をもたらしている
  • 各種慢性病の「遺伝的素質」という迷信
  • 各種行動の「遺伝的素質」という迷信
  • 私たちの「遺伝子」を操作しようという目論見
  • 遺伝子の商品化
  • 遺伝子差別-学校・職場・保険加入の現場にあらわれた新たな差別〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺伝子万能神話をぶっとばせ
著作者等 Hubbard, Ruth
Wald, Elijah
佐藤 雅彦
ウォールド イライジャ
ハッバード ルース
書名ヨミ イデンシ バンノウ シンワ オ ブットバセ : カガクシャ イシャ コヨウヌシ ホケン ガイシャ キョウイクシャ オヨビ ケイサツ ヤ ケンサツ ワ イデンガラミ ノ ジョウホウ オ ドノヨウニ セイサンシ ソウサシテイルカ
書名別名 Exploding the gene myth. (1999 ed.)

科学者・医者・雇用主・保険会社・教育者および警察や検察は、遺伝がらみの情報をどのように生産し、操作しているか
出版元 東京書籍
刊行年月 2000.9
ページ数 505p
大きさ 20cm
ISBN 4487795508
NCID BA4848158X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20106776
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想