金融不況の実証分析 : 金融市場情報による政策評価

深尾光洋, 日本経済研究センター 編

不倒といわれた長信銀がなぜ破綻したか、日本企業のバランスシートはどれくらい傷んでしまったのか、金融不安解消のため投じた公的資金は本当にカンフル剤たり得たのか-。激動と不安の1990年代を最新のデータを駆使して総合的に検証。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 金融自由化、資産バブルと銀行行動
  • 第2章 銀行の債務超過確率と適正預金保険料率
  • 第3章 資産バブルと企業のバランスシート調整
  • 第4章 ゼロ金利下の金融市場調節
  • 第5章 主要国の実質金利決定要因
  • 第6章 変動相場制移行後の為替レート変動
  • 第7章 外国為替介入の効果と収益

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融不況の実証分析 : 金融市場情報による政策評価
著作者等 日本経済研究センター
深尾 光洋
書名ヨミ キンユウ フキョウ ノ ジッショウ ブンセキ : キンユウ シジョウ ジョウホウ ニ ヨル セイサク ヒョウカ
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2000.9
ページ数 256p
大きさ 22cm
ISBN 4532131944
NCID BA48471429
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20112751
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想