農政転換と価格・所得政策

村田武, 三島徳三 編

本書は、日本農業市場学会が企画する講座の第2巻として、農産物価格・所得政策を中心に農政転換の実態とその政治経済的意義を明らかにしたものである。欧米、韓国、日本を対象として農政転換と農産物価格・所得政策の分析を行った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 WTO体制と農政転換
  • 第2章 EUの農政転換とフランス新農業基本法
  • 第3章 米国農政と価格・所得政策
  • 第4章 WTO体制下における韓国の農政転換
  • 第5章 農政転換と農産物価格政策
  • 第6章 食糧法下の米価問題
  • 第7章 食糧法下の稲作大経営の危機と政策対応-「新たな米政策」から「水田農業活性化対策」へ
  • 第8章 麦・大豆における価格・所得政策の再編
  • 第9章 牛乳における価格政策の改編と所得政策
  • 第10章 食肉価格安定制度の現状と課題
  • 第11章 農産物価格・所得政策の再構築の方向

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農政転換と価格・所得政策
著作者等 三島 徳三
村田 武
書名ヨミ ノウセイ テンカン ト カカク ショトク セイサク
シリーズ名 講座今日の食料・農業市場 2
出版元 筑波書房
刊行年月 2000.9
ページ数 299p
大きさ 22cm
ISBN 4811902025
NCID BA48436053
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20134089
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想