神話と古代宗教

カール・ケレーニイ 著 ; 高橋英夫 訳

神話は荒唐無稽な作り話などではなく、古代人の生(ビオス)であり、実存であった。碩学ケレーニイは、ギリシア・ローマ古代宗教の神話的位相を解明し、"ビオスとしての宗教"を提示する。その根幹から大いなる時間=祝祭を導き出し、学問・芸術・宗教などが根元的に一つの根から生じたことを明す。さらに、人間存在の裏側にある巨大な非存在の領城を探索し、存在は非存在によって支えられ、存在の意味を賦与されているという位相を照射する。人間存在にとって、今もなおこの上ない示唆を与えつづけている名著。図版多数。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ギリシア宗教の神話的特性
  • 第2章 祝祭の本質
  • 第3章 宗教的経験の二様式
  • 第4章 ギリシアおよびローマの宗教的経験の項点
  • 第5章 ホメーロス、ヘーシオドスにおける人間と神
  • 第6章 ローマ的理解における人間と神
  • 結語 宗教的観念としての非存在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神話と古代宗教
著作者等 Kerényi, Karl
高橋 英夫
Ker'enyi Karl
ケレーニイ カール
書名ヨミ シンワ ト コダイ シュウキョウ
書名別名 Die Religion der Greichen und Römer

Shinwa to kodai shukyo
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2000.9
ページ数 437p
大きさ 15cm
ISBN 4480085777
NCID BA48434444
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20109948
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想