評伝佐久間象山  上

松本健一 著

幕末最大の知識人・象山。黒船来航以前に西欧技術文明を見据え「夷の術を以て夷を制す」と嘯く「人事」を尽くし「天命」を悟ったその生涯を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 象山暗殺
  • 第1章 宇宙に実理は二つなし
  • 第2章 非常の時、非常の人
  • 第3章 『省〓録』
  • 第4章 異貌のひと
  • 第5章 東アジア世界図のなかに
  • 第6章 夷の術を以て夷を制す
  • 第7章 黒船来航

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 評伝佐久間象山
著作者等 松本 健一
書名ヨミ ヒョウデン サクマ ショウザン
シリーズ名 中公叢書
巻冊次
出版元 中央公論新社
刊行年月 2000.9
ページ数 317p
大きさ 20cm
ISBN 4120030547
NCID BA48431923
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20123840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想