テロリズムとは何か

佐渡龍己 著

テロリズムは戦争である。心の戦争である。この戦争では、血が流れる負傷よりも、心に受けた傷の方が重大である。人質になった人、その家族、その人に関係する企業、そして社会の人々の心に、時空を超えて傷を残す。テロリストは見えない、テロリズムには戦線はない。敢えて言うならば、人の心が戦場である。テロリストは恐怖によって人の心を支配しようとする。ただ、この心という戦場でのテロリズムという戦争が二一世紀を迎えるにあたって、新たな段階へと進んでいることは確かである。本書では、そうしたテロリズムの変化と長い進化の歴史を描き出してみたいと思う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 警告!テロリストが日本人を狙っている
  • 第2章 テロリズムとは何か
  • 第3章 テロリズムの歴史
  • 第4章 テロリズムの兵法
  • 第5章 目覚めよ、日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テロリズムとは何か
著作者等 佐渡 龍己
佐渡 竜己
書名ヨミ テロリズム トワ ナニカ
書名別名 Terorizumu towa nanika
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2000.9
ページ数 219p
大きさ 18cm
ISBN 4166601245
NCID BA48398555
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20111162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想