金融工学、こんなに面白い

野口悠紀雄 著

二一世紀の経済で中心的な役割を果たすとされながら、高度な数学や難解な用語が飛びかい、多くの読者がとまどって敬遠している金融工学。本書は、予備知識がゼロでも理解できるよう、数式を用いず、多くのエピソードをまじえながら、「やさしく」「面白く」要点を説き明かす。先端金融技術の後進国・日本は、欧米金融機関の草刈り場と言われる。ビジネスマンなら避けて通れぬハイテク金融のポイントを楽しく学べる、画期的な入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 金融工学で金持ちになれるか?
  • 第2章 金融工学のテーマは「リスク」
  • 第3章 分散投資の原理
  • 第4章 「ベータ」投資理論
  • 第5章 先物取引
  • 第6章 オプション
  • 第7章 未来を拓く社会的技術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融工学、こんなに面白い
著作者等 野口 悠紀雄
書名ヨミ キンユウ コウガク コンナニ オモシロイ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2000.9
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 4166601237
NCID BA48397949
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20111161
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想