ヘーゲル社会理論の射程

高柳良治 著

ヘーゲルの国家論といえばたしかに官僚制度と官僚を重視するものである。しかしこの文章は、ヘーゲルの目が市民生活の細部にまで届いていること、しかもその目は確かであることを物語っていないであろうか。この大思想家は、一見そう見られがちだが、大情況ばかりを論じているわけではない。彼には官吏の言動や教養と市民生活との接点までもきちんと見えているのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヘーゲルにおける近代国家のイメージ-「ドイツ憲法論」の国家概念をめぐって
  • ヘーゲルにおける労働・道具・機械
  • ヘーゲルとルソー-国家意志論を中心に
  • あることとあるべきこと
  • ホッブズ、ルソーおよびヘーゲルの中間団体論
  • 市場・職業団体・国家
  • カントからヘーゲルへ
  • カントのヨーロッパ連合論とその波紋
  • ハイデルベルク時代の「欲求の体系」論
  • 市民社会と「権利の擁護」
  • ポリツァイとコルポラツィオーン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘーゲル社会理論の射程
著作者等 高柳 良治
書名ヨミ ヘーゲル シャカイ リロン ノ シャテイ
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2000.9
ページ数 311, 7p
大きさ 22cm
ISBN 427501829X
NCID BA48363142
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20118821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想