講座ミクロ統計分析  第1巻

大屋祐雪 ほか監修

未実現の課題がどこ迄解決されてきたかを展望するのが本講座であり、そのようなデータ活用を許容する経済システムとしてどの制度が必要とされるのかを検討したのが、この第1巻の主題である。従って先進諸国におけるデータの開示の法制的枠組みの検討と、日本で実現する上の様々の課題とを検討することに叙述は集約されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 諸外国におけるミクロデータ公開の現状(ミクロデータの公開における先進欧米諸国の動向
  • アメリカ ほか)
  • 第2章 政府のミクロ統計公表の原理(調査データ公有化における理論的技術的課題
  • 秘匿性の保証原則と事前同意の原則 ほか)
  • 第3章 行政データの活用と統計調査体系(レジスター・ベースの統計
  • 労働者と企業に関する統合ソースを作成するための行政データの利用)
  • 第4章 日本の統計制度の現状(日本の統計法とミクロ・データの開示
  • 現行法のなかでのミクロ・データ利用手続き)
  • 第5章 我が国におけるミクロデータ公開の展望と課題(匿名標本データの位置づけ
  • 利用方法の将来展望)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 講座ミクロ統計分析
著作者等 大屋 祐雪
松田 芳郎
森 博美
浜砂 敬郎
書名ヨミ コウザ ミクロ トウケイ ブンセキ
書名別名 統計調査制度とミクロ統計の開示
巻冊次 第1巻
出版元 日本評論社
刊行年月 2000.9
ページ数 391p
大きさ 22cm
ISBN 4535039011
NCID BA48354265
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20103675
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想