ローマ人の物語  9 (賢帝の世紀)

塩野七生 著

紀元二世紀初頭、ダキアとメソポタミアを併呑して帝国の版図を最大にした初の属州出身皇帝トライアヌス、帝国をくまなく視察巡行し、統治システムの再構築に励んだハドリアヌス、穏やかな人柄ながら見事な政治を行なったアントニヌス・ピウス。世にいう五賢帝のなかでも傑出した三者の人物像を浮き彫りにした、極め付きの指導者論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 皇帝トライアヌス(在位、紀元九八年‐一一七年)(皇帝への道
  • 気概を胸に
  • ひとまずの帰都 ほか)
  • 第2部 皇帝ハドリアヌス(在位、紀元一一七年‐一三八年)(少年時代
  • 青年時代
  • 皇帝への道 ほか)
  • 第3部 皇帝アントニヌス・ピウス(在位、紀元一三八年‐一六一年)(幸福な時代
  • 人格者
  • マルクス・アウレリウス ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ローマ人の物語
著作者等 塩野 七生
書名ヨミ ローマジン ノ モノガタリ
書名別名 賢帝の世紀
巻冊次 9 (賢帝の世紀)
出版元 新潮社
刊行年月 2000.9
ページ数 390, 10p
大きさ 21cm
ISBN 4103096187
NCID BA48353885
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20105631
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想