宇宙は自ら進化した : ダーウィンから量子重力理論へ

リー・スモーリン 著 ; 野本陽代 訳

究極の統一理論が見えてきた!素粒子から銀河までを、生物学と哲学の視点を借りて描き出した画期的な宇宙論。宇宙のすべてを説明できる理論は、生物の進化の理論と共通点があるのではないか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-革命
  • 第1部 基礎物理学の危機
  • 第2部 空間と時間の生態学
  • 第3部 宇宙の組織
  • 第4部 アインシュタインの遺産
  • 第5部 アインシュタインの復讐
  • エピローグ-進化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宇宙は自ら進化した : ダーウィンから量子重力理論へ
著作者等 Smolin, Lee
野本 陽代
スモーリン リー
書名ヨミ ウチュウ ワ ミズカラ シンカシタ : ダーウィン カラ リョウシ ジュウリョク リロン エ
書名別名 The life of the cosmos

Uchu wa mizukara shinkashita
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2000.9
ページ数 501p
大きさ 20cm
ISBN 414080548X
NCID BA48333549
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20111411
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想