Bluetoothガイドブック : ワイヤレス通信の新技術

宮津和弘 著

本書は、Bluetoothについて、より多くの人々に知っていただくために、また、Bluetoothを多角的な観点から理解するために、第1章では、Bluetoothネーミングの由来とBluetoothを運営するBluetooth SIGに関して解説し、Bluetoothの意味を明らかにします。第2章では、Bluetoothがどのような目的で開発され、なぜ、これほどまで注目を集めるようになったのか。市場的な背景を交えて、その技術開発のルーツを解説します。第3章では、「Bluetoothのある一日」と題して、Bluetoothが実生活でどのように利用され得るのかを物語風に説明しながら、Bluetoothアプリケーションの可能性を提案します。第4章では、技術開発の背景でまとめたBluetoothとしてあるべき技術要件を、技術仕様としてどのように規定しているのかをポイントを絞って解説します。第5章では、これまで解説したBluetoothの機能と特徴について、それらがどのような仕組みで実現されているか、コアプロトコルの詳細を解説します。最後の第6章では、短距離ワイヤレス接続技術として、Bluetoothが提供する送受信モデルを一般化して考えることで新たな利用方法を模索します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 Bluetoothとは
  • 第2章 Bluetoothの開発の背景と目的
  • 第3章 Bluetoothを利用したアプリケーション
  • 第4章 Bluetoothの技術性能と特徴
  • 第5章 Bluetoothのプロトコル概要
  • 第6章 これからのBluetoothを考えるにあたって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Bluetoothガイドブック : ワイヤレス通信の新技術
著作者等 宮津 和弘
書名ヨミ Bluetooth ガイドブック : ワイヤレス ツウシン ノ シンギジュツ
書名別名 Bluetooth gaidobukku
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 2000.8
ページ数 198p
大きさ 26cm
ISBN 4526045942
NCID BA48330802
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20101858
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想