紙芝居 : 街角のメディア

山本武利 著

日本独特のメディア・紙芝居は、戦前・戦後の子どもたちに絶大な人気を博した。やがて、テレビの登場で姿を消していくが、その伝統はアニメーションに受け継がれていく。紙芝居の歴史に、メディアの劇的な変遷を見る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 紙芝居とkamishibai-日本独自のメディア
  • 戦前・戦後の紙芝居(ニューメディアとしての街頭紙芝居
  • 印刷紙芝居の誕生と戦争プロパガンダ)
  • 戦後の隆盛と検閲(占領下の街頭紙芝居人気
  • 印刷紙芝居利用の左翼プロパガンダ)
  • 紙芝居の落日(コードから条例へ
  • 紙芝居からテレビへ)
  • 紙芝居と日本社会(メディア史上での紙芝居
  • 双方向性メディアは復権するか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紙芝居 : 街角のメディア
著作者等 山本 武利
書名ヨミ カミシバイ : マチカド ノ メディア
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 103
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2000.10
ページ数 169p
大きさ 19cm
ISBN 4642055037
NCID BA48324661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20142992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想