宗教と癒し : 救いの手がかりを求めて

京都文教大学「宗教と癒し」研究会 編

11人の「知の探究者」が試みる、ユニークな人間研究。宗教学・臨床心理学・文化人類学・医学という異分野の英知が結集して、世界中の宗教と人間をフィールドワークで迫った、「生」と「死」の記録。あなたの宗教観が進化する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 死と癒し(アメリカ合衆国のホスピスのスピリチュアル・ケアについて
  • 「死」は「癒し」となりうるか-トルコ・イスラーム教徒の村の事例より
  • 癒し合う死者と生者-韓国の亡霊結婚)
  • 第2章 信仰と癒し(苦の受容という癒し-インドの仏教説話を手がかりとして
  • ロジョン-心を目覚めさせる行
  • 癒しの象徴としてのマリア
  • 新しいカミの創造と「癒し」)
  • 第3章 癒しの諸相(癒す人、癒される世界-バリ社会の治療者たち
  • 臨死体験の医学的説明と癒し
  • イメージによる癒し
  • アメリカ宗教における癒しの賜物)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教と癒し : 救いの手がかりを求めて
著作者等 京都文教大学
京都文教大学「宗教と癒し」研究会
書名ヨミ シュウキョウ ト イヤシ : スクイ ノ テガカリ オ モトメテ
書名別名 Shukyo to iyashi
出版元 三五館
刊行年月 2000.9
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 4883202046
NCID BA48323068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20101589
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想