カルチュラル・スタディーズ

吉見俊哉 著

文化を、すでにそこに在り、固有の内容を含むものとする我々のまなざしの背後には、いかなる政治学が内包されているのか。単なる実証主義的な文化研究を超えて、それ自体を「問題化」することとは、何を意味するのか。「対象」としての文化から、「問題」としての文化へ。カルチュラル・スタディーズの問題構制を歴史的に位置づけなおし、近代における文化概念の存立そのものを問い返す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文化を問題化する
  • 2 文化を読みなおす(サブカルチュラルなアイデンティティ
  • 抗争の場としてのメディア
  • グローバル/ローカルな日常の政治学へ)
  • 3 基本文献案内

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カルチュラル・スタディーズ
著作者等 吉見 俊哉
書名ヨミ カルチュラル スタディーズ
書名別名 Cultural studies

Karuchuraru sutadizu
シリーズ名 思考のフロンティア
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.9
ページ数 132p
大きさ 19cm
ISBN 4000264311
NCID BA4831751X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20116834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想