酒と日本文明

梅棹忠夫, 吉田集而 編

酒は日本の文明を語る。他文明の酒造産業、酒の飲み方と比較し、酒の文化から日本の文明の特質を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 酒の比較文明学(酒の比較文明学)
  • 第1章 文明としての酒造産業(日本の酒造-近世における酒屋の記録と酒造書から
  • 日本酒造産業の構造的特質と近代化について ほか)
  • 第2章 文明としての酒の飲み方(料理屋の酒・居酒屋の酒
  • 危険な楽しみ-近世日本の「酒論」 ほか)
  • 第3章 酒と文明(文明史における酒とナルコティックス)
  • 第4章 酒の文明学をめぐって(「酒の文明学」のための問題点
  • 文明としての酒について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 酒と日本文明
著作者等 吉田 集而
梅棹 忠夫
書名ヨミ サケ ト ニホン ブンメイ
出版元 弘文堂
刊行年月 2000.9
ページ数 339p
大きさ 22cm
ISBN 4335560974
NCID BA48308778
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20184191
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想