イタリア覗きめがね : スカラ座の涙、シチリアの声

武谷なおみ 著

イタリア・オペラのプリマドンナ、ジュリエッタ・シミオナートの"声"に惹かれて、イタリア文学を志した著者は、その歴史の深みと人々の生命力あふれる生活へと誘われた。古代ギリシア・ローマの壮麗な文明の光と、第二次大戦下の過酷な翳りの痕跡を刻むイタリアという国。シチリアの戦後文学の空間は、地中海に浮かぶ島の風土と濃密な家族の絆を歴史の襞に忍ばせている。壊滅的な被害を受けた阪神大震災後の神戸とイタリアを往還しながら、日本から見たイタリアと、イタリアから見た日本を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 旅のはじまり(あの"声"のむこう側
  • 光と闇の島、シチリアの作家たち)
  • 2 旅のよりみち(谷崎の家「倚松庵」が危ない!-もうひとつの日本批判
  • あれから九年、「倚松庵」の不思議な物語-ヴェネツィアにおける谷崎潤一郎国際シンポジウムでの報告をもとに ほか)
  • 3 合わせ鏡のように(イタリアの"声"をあつめて)
  • 4 旅はつづく(十七年目の夏
  • イタリアで本をつくる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イタリア覗きめがね : スカラ座の涙、シチリアの声
著作者等 武谷 なおみ
書名ヨミ イタリア ノゾキメガネ : スカラザ ノ ナミダ シチリア ノ コエ
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2000.9
ページ数 256p
大きさ 19cm
ISBN 4140018968
NCID BA48305827
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20109739
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想